【参考書】土曜日に差がつく英文法 英文法筋力エクササイズ

筋力増強。 キミもこのドリルで英語筋マッチョに。

 

 

土曜日に差がつく英文法 (1) (河合塾SERIES)

土曜日に差がつく英文法 (1) (河合塾SERIES)

  • 発売日: 2003/12/01
  • メディア: 単行本
 
土曜日に差がつく英文法 (2) (河合塾SERIES)

土曜日に差がつく英文法 (2) (河合塾SERIES)

  • 発売日: 2003/12/01
  • メディア: 単行本
 

 

 

英文法が苦手な人用のドリルです。おすすめ。相当昔の参考書だけど、使い勝手がすごくよい。信じていい参考書。シリーズ全体で5冊あるけど、1、2だけで3以降はやらなくていい。重要なのは1,2。

 

レベル感 

入試基礎からMarchの中間くらいまで

 

これを使うと良い人

 

高校1、2年生の受験学年以外。

 

英文法が苦手な人。

 

浪人生で英文法の基礎をやりたい人。

 

など色々な方に使ってもらえると思います。とくに英文法に穴がある人はオススメです。部分的に苦手がある人もいいですね。全部やるのではなく、1部だけやればいいですからね。

 

良いところ

 

コンセプトが好き。同じポイントの問題を何度も解いて定着させるという4択問題集のマイナスな点を補っているところ。

 

覚えなければいけないところがまとまっているところ。基本的に見開き1ページに大事なところが詰まっているので、見易い。今までの知識の確認ができる。

 

簡単な問題が大量にあるところ。英語は時に慣れが大事である。それを実現できるのがこの参考書である。さすがはドリルといった感じ。

 

盲点になりやすい文法範囲もきちんと扱っているところ。強調とか省略、倒置など。正直、この参考書が本当に完璧なら偏差値は60行く。それくらいちゃんとしてる参考書。

 

注意

勘違いしてはいけないのは、これはドリルなので、理解用ではないこと。理解は他でして、アウトプットをこれですると良い。学校で文法はきちんとやってて理解できているなら大丈夫。

 

暗記色が強い。でも英語のほとんどは暗記だからね。仕方ない。

 

大きい本屋にしかない。ネットで買えば問題ないが。

 

網羅性が少し欠ける。そこはネクステ系の4択問題集に負ける。

 

使い方 

1、ポイントを理解する。見開きのページの内容を確認すること。覚えていなくて暗記しなければいけないところは暗記をする。

 

2、問題を解く。最初はノートに書く。参考書は復習で使うのでまだ書き込んではいけない。

 

3、答え合わせをする。出来なかったところには、チェックしておく。また、曖昧に解いてしまったところもチェックすること。自分に厳しくね。その後、出来ればオレンジのペンで答えを問題に書き込んでしまってほしい。そうすると復習が楽なので。

 

4、ページの上に書いてある時間を目安に、瞬殺できるくらいになるまで何回も復習、繰り返す。オレンジで答えを書いていれば、赤シートをかざすだけで復習できて便利です。こういう時短の工夫は大事です。

 

参考記事

 

nicochan0923.hatenablog.com

nicochan0923.hatenablog.com

 

 

nicochan0923.hatenablog.com