英文法特急6 副詞

ラスト。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 この記事の続きです。

 

 

☆復習

今日は副詞についてやります。まず復習をしましょう。

 

①第1文型 S V    

②第2文型 S V C 

③第3文型 S V O       

④第4文型 S V O1 O2 

⑤第5文型 S V O  C

 

上の第5文型で副詞が入るのはどこだったでしょう。わからない場合は復習しましょう。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

  ①第1文型 S V    

  ②第2文型 S V C 

  ③第3文型 S V O       

  ④第4文型 S V O1 O2 

  ⑤第5文型 S V O  C

 

  正解は文字の間に入ります。たとえば、第2文型の場合、○ S ○ V ○ C ○の○の部分に入ることができます。S、V,O、Cの中には入ることができないのです。

または、副詞は形容詞に付くことができるので、「冠詞」「副詞」「形容詞」「名詞」でカタマリになることができるので、名詞が入る箇所も一応入ります。でも今回の話はこちらはでません。

 

☆to不定詞の副詞的用法

 

  良い席を取る( ) 私は早く行った → 良い席を取るために私は早く行った

  get good seats , I went early  → To get good seats , I went early

                      → I went early to get good seats

 

 今回は副詞についての話で、動詞が副詞になれるという話です。たとえば、( )には何が入りますか。今回は、「ために」というのを入れましょう。「取るために」「行った」のですから、動詞にかかるので、副詞になるのがわかりますね。このように動詞を副詞にするためには、動詞の前に「to」を入れてあげればよいのです。副詞のカタマリは後ろに置くこともできます。

 

 また、SVがないので句になります。そして、副詞になるので副詞句です。

 

☆従属接続詞

  I saw your sister yesterday 私は / 会いました / あなたの妹に / 昨日

 

  この文章の「昨日」というのを、もっと具体的にできると思いませんか。たとえば、「私が公園に行ったとき」のように文で具体的にできますね。つまり、図にすると下みたいな感じです。

f:id:nicochan0923:20210319215604j:plain

従属接続詞

 

  I saw your sister 「I went to the parkとき」→「とき、I went to the park」

                             「when I went to the park」

 

  これを英語にするとき、まず、「私が公園に行った」→「I went to the park」にします。「~のとき」と入れたいのですが、日本語と英語では、語順が違います。英語は、文の頭に置いてください。そして、「~のとき」は英語で「when」ですので、あわせると上のようになります。

 

  Today , I went to school    今日 / 私は / 行った / 学校へ

  When I went to the park , I saw your sister 

 

  また、この文のように、時を表す単語が前に来る場合もあります。ですので、上のような語順でも大丈夫です。しかし、ここまでが、時間の話だよとわかりやすくするために、「, 」を付けてください。 ない場合もありますが。

 

  また、従属接続詞は、「時」以外にも「理由、条件」などいろいろあります。

 

  最後にSVがあるので、節になります。そして、副詞になるので副詞節です。

  

  では副詞の仲間を見ていきましょう。

 

☆副詞になる仲間

 

文法をあまりやってない人は、ここを軽く読んだらいい。こんな文法が副詞の仲間になるんだと。そして、深くやったときに、また戻ってきてほしい。文法を知ってる人は、復習のつもりで、また抜けてる箇所の確認として読んでいってほしい。

 

 

☆頻度を表す副詞

 

   I always go to school by bus  わたしはいつもバスで学校へ行きます

      He is always busy        彼はいつも忙しい

 

  頻度を表す副詞は、「not」が置かれる場所に置く。

 

☆前置詞

  Tom goes to school by bus  トムは電車で学校に通う

 

  「前置詞+名詞」で副詞になる。つまり、名詞以外を説明する。副詞句。

 

☆分詞構文

 

   Waiting for my brother , I met Tom  「兄弟を待ってて、私はトムに会った。」

   Our train started at six , arriving in Chicago at ten. 「私たちの電車は、6時に出て、そして、10時にシカゴに着く。」

 

   「Ving」「Vpp」で副詞になる。「Ving」「Vpp」かどうかは、分詞と同じ。訳は、前、真ん中にあれば、「て/で」、後ろに あれば、「そして/~ながら」と訳す。副詞句。

 

☆複合関係副詞

 

   I'm here for you whenever you may need. いつ必要であっても、私はあなたのためにここにいます

   「疑問詞+ever」で「疑問詞~しようとも」という意味になり、副詞節になる。

 

☆その他

f:id:nicochan0923:20210319220409j:plain

その他

  ここまで終わったら、基本的な語順の理解は大丈夫なはずです。後は、上記の文法要素、「文の種類」の作り方と「表現力」を磨く文法を1つずつ覚えていけばいいだけになります。これらの文法は基本的な語順だけだは表現しきれない豊かな文を作るための味付けだと思ってください。基本的な語順が理解できていれば、上記の文法は暗記に近いので楽になります。なので、今まで習ったことを「完璧」に使いこなせるように何回も復習してください。最初のマップを説明できるようにしてくださいね。では、ありがとうございました。

 

☆次に勉強するシリーズ 

 

nicochan0923.hatenablog.com

英語は語順がイノチです。その語順になれるためのシリーズが語順トレーニング。きちんと行えば、力が付くこと間違いなし。

 

nicochan0923.hatenablog.com

  こちらは簡単な解釈シリーズ。品詞と文型を使う練習をするための記事。単語のレベルをうんと低くしてあるので最初の練習にぴったり。

 

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

こちらは品詞感覚を養う記事シリーズ。英語の上達には品詞の感覚が不可欠。カラフルな図で理解をアシスト。