【ワンポイント英文法】helpの語法

文法の解説。大学受験、英検、TOEIC、大人の学び直しなどに。

 

f:id:nicochan0923:20210428202554p:plain

 

解説1

 helpには語法がたくさんあるので、問われやすいのです。整理していきましょう。

 

 ex.  Can I help you? 「いらっしゃいませ」

 

 まずは、普通にSVOが取れます。ちなみに例文はお店で使うフレーズです。

 

解説2

  ex. Music helps (to) relax me. 「音楽はリラックスするのに役立つ」

 

 次は、「help (to) V」の形です。「~するのを手伝う、役立つ(=work)」という意味です。to不定詞の部分は省略できます。そのため、動詞+動詞の語順になりますので違和感を感じると思います。ですので、慣れておきましょう。

 

解説3

 ex. I helped my father (to) water the crops. 「父が作物に水をやるのを手伝った」

 

 次は、「help O (to) V」の形です。「OがVするのを手伝う、助ける」という意味です。to不定詞の部分は省略できます。解説2を同じですね。人が「世間一般の人々」の場合、Oが省略されて、解説2の形になる。

 

解説4 応用

 ex. My father was helped to water the crops by me. 

 

 この文は解説3を受動態にしたものです。このときは、to Vにして、to不定詞は省略できないことに注意しましょう。

 

解説5

 ex. I helped him with his homework. 「私は彼の宿題を手伝った」

  

 次は、「help 人 with モノ」の形です。「人のモノを助ける、手伝う」という意味。「手伝う」という意味では、「help モノ」という形は取らないので、上の文はhelp his homeworkとはしないことに注意しましょう。

 

解説6

 ex. I can't help it. 「仕方がない」

    = It can't be helped. 

    = Can't be helped.

 

  モノが目的語の場合は「~を避ける」という意味になります。上の例文は「私はそれを避けることができない」→「仕方がない」ということです。この場合は、canを伴います。また、itが省略された形もよく使います。

 

解説7

 頻出表現

  cannot help Ving 

 = cannot but 原形

 = cannot help but 原形

 = have no (choice / alternative / opinion) but to 原形

 

 「~せざるを得ない(~せずにはいられない)」という表現を覚えましょう。1つ目のhelpと2つ目のbutが合わさった形が3つ目になります。

  

覚えるポイント

 1、語法の形を覚える

 

 2、訳の違いを覚える

 

 3、頻出表現を覚える

    →「~せざるを得ない」の3つ