【ワンポイント英文法】仮定法におけるifの省略

文法の解説。大学受験、英検、TOEIC、大人の学び直しなどに。

 

f:id:nicochan0923:20210428202554p:plain

 青い文字をクリックするとそれに関する別記事に飛びます。

解説1

 ex. If I were a bird, I would fly to you. 「もし私が鳥なら、君のところに飛んでいくのになぁ」

 

  = Were I a bird, I would fly to you. 

 

 仮定法のifを省略すると、その後ろは倒置されます。「If I were」の部分を見てください。ここの「if」を省略します。するとその後ろの「I were」は倒置され、「Were I」になります。

 

解説2

ex.  I would fly to you if I were a bird. 「もし私が鳥なら、君のところに飛んでいくのになぁ」

 

  =I would fly to you were I a bird.

 

 また、「were I a bird」が後ろに行った形もあります。それがこの文ですね。これらの形すべてが同じであると認識できるようにしましょう。

 

解説3

 ex. If I had had enough money, I could have bought a car. 「もし十分お金があったら車を買えただろうに」

 

 =Had I had enough money, I could have bought a car.

    = I could have bought a car had I had enough money.

 

 今度は仮定法過去完了の形です。この3つがすべて同じだと認識できるようにしましょう。

 

 仮定法におけるifの省略のすべてに言えることですが、ifが仮定法を認識するポイントではありません。目のツケドコロは助動詞の過去形です。これを見つけた場合は、ifの省略を疑いましょう

 

解説4

 ex. If the sun were to rise in the sest, I would never forsake you. 「太陽が西から昇るようなことがあっても、絶対に君を見捨てないよ」

 

 = Were the sun to rise in the sest, I would never forsake you.

 = I would never forsake you were the sun to rise in the sest.

 

 今度はwere to Vをつかった仮定法の形です。この3つがすべて同じだと認識できるようにしましょう。

 

解説5

 ex.What would you do if war should break out? 「仮に戦争が起こったとしたらどうしますか?」

 

 =Should war break out, what would you do? 

 = What would you do should war break out?

 

 今度はshouldをつかった仮定法の形です。この3つがすべて同じだと認識できるようにしましょう。疑問文でも考え方は同じです。

 

覚えるポイント

 1、仮定法のifを省略すると後ろの形は何になるか

 

 2、ifを省略できるパターンを覚える