【背景知識】- Willpower- 意志力

意志力。

 

f:id:nicochan0923:20210522192651p:plain

 

 目標を達成する(achieve goal)のに大切なのは意志力(willpower)です。決断力(determination)、やる気(drive)、self-control(自制)とも呼ばれます。

 

 長年(for many years)この意志力は限られている(limited)と考えられてきました。そのため、目標に達成できない理由(reason)をこの意志力を使い果たしてしまう(use up)ことが原因だろうと思っていたのです。

 

   1990年代に有名な実験(experiment)がありました。チョコレートとラディッシュの実験(Chocolate-and-Radish Experiment)と呼ばれているものです。

 

   67人の被験者(subject)は焼きたて(baked)チョコレートクッキーの匂い(smell)が充満した(filled with)部屋に入れられました。そして、温かくて甘い(sweet)チョコレートクッキーを食べる人と、その匂いにも関わらず、冷たくて、苦い(bitter)ラディッシュを食べる人に分かれて食べてもらいました。その後、難しいパズル(puzzle)を解いて(solve)もらったのです。

 

 ラディッシュを食べた人は9分後に(after 9 minutes)ギブアップ(give up)しましたが、チョコレートクッキーを食べた人はその2倍(twice)もの時間、パズルに取り組んでいたのです。この結果から研究者は、チョコレートクッキーを食べるのを我慢した(resist)人は、意志力を使い果たしたのだと結論付けた(conclude)のです。また、研究者(researche)は意志力を力を失って、疲れる筋肉(muscle)のようなものだと考えました。

 

 また、他の実験から、意志力を使い果たすときに脳からエネルギーやブドウ糖(glucose)を奪っているので、砂糖を食べることは意志力を満たすことに役立つとも考えられました。

 

 しかし、近年、この理論(theory)に異議を申し立てる(challenge)人もいます。2013年に新しい実験があったのです。87人の大学生(college students)に同じようなことをしました。しかし、その前に意志力についてどう思うか書いてもらった(describe)のです。

 

 すると、意志力が限られており、砂糖で回復すると思っている人は実際にそうなりました。一方、意志力は限られておらず、使えば使うほど(the more it was used)増えていく(the more it increased)と思っている人は、その通りになったのです。

 

 つまり、意志力は限られているわけではなく、どう考えるかに影響される(affected)ということがわかったのでした。