【ワンポイント英文法】命令文の入門

文法の解説。大学受験、英検、TOEIC、大人の学び直しなどに。

 

f:id:nicochan0923:20210428202554p:plain

意外と盲点になる命令文を今日はやりましょう。

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 次のレベルはこちら

解説1 作り方

f:id:nicochan0923:20210515173444j:plain

 

 命令文は人に何かを命令するときに使う文です。「~しなさい」という意味になります。英語での命令文の書き方は以下のようになります。

 ①主語は書かない

 ②動詞から書く

 ③動詞の形は原形にする

 

 上記の3つになります。主語を書かなくていいのは、必ず、「You」になるからです。書かなくても分かるから省略するのです。また、be動詞の原形は「be」になるので注意しましょう。

 

解説2 否定形

 ex. Open the window. → Don't open the window. 「窓を開けてはいけません」

 

   Be kind. → Don't be kind. 「親切にしてはいけません」

 

 命令文の否定形は、「~してはいけません、~するな」という意味になります。一番前に「Don't」をつけるだけです。be動詞も一般動詞も両方「Don't」です。

 

解説3 丁寧

 ex.  Open the window. → Please open the window. 

                                                 Open the window, please. 「窓を開けてください」

 

 Pleaseをつけると「~してください」という意味になる。少し丁寧さが増します。文末に「please」を置いてもよいが、「,」をつける。

 

解説4 呼びかけ

 ex. Open the window. → Tom, open the window.

              Open the window, Tom. 「トム、窓を開けなさい」

 

 人の名前を呼んであげるタイプの命令文です。呼びかける人の名前を置けばいいのです。

 

解説5 勧誘文

 ex. Play tennis. → Let's play tennis. 「テニスしましょうよ」

          Let's not play tennis. 「テニスしないでおきましょう」

  

 Yes, let's / No, let's not. 「はい、しましょう / いいえ、やめておきましょう」

 

 「~しましょうよ」という意味にするには「Let's」を命令文の前に置いてあげればよい。否定文は、「let's」の後ろに「not」を置いてあげる。「~しないでおきましょう」という意味になる。

 

覚えるポイント

 1、命令文の作り方を覚える

 

 2、否定文の作り方を覚える

 

 3、その他の表現の作り方を覚える