【ワンポイント英文法】進行形の入門

文法の解説。大学受験、英検、TOEIC、大人の学び直しなどに。

 

f:id:nicochan0923:20210428202554p:plain

 

解説1 現在進行形

 ex. I speak English. 「私は英語を話します」

   I am speaking English. 「私は英語を話しています」

 

 現在進行形は「be動詞の現在形+Ving」で「~しています」という意味になります。ちょうど今しているという意味です。be動詞は主語によって「am、is、are」に変わります。

 

解説2 Vingの作り方

f:id:nicochan0923:20210515213556j:plain

 動詞をVingの形にするには4パターンあります。基本的には、パターン1なのですが、語尾によって、変わりますので注意しましょう。

 

解説3 否定文と疑問文

 

ex. You are speaking English   →  You are not speaking English

              「あなたは英語を話していません」

 

               →   Are you speaking English?

             「あなたは英語を話していますか?」

 

               →   Yes, I am / No, I am not

             「はい、そうです/いいえ、違います」

 

 進行形の否定文も疑問文もbe動詞のときを同じです。否定文のときは、be動詞の後ろに「not」を置きます。疑問文のときは、be動詞を前に持ってきて、「?」を文末におきます。

 

解説4 過去進行形

 ex. He is speaking English. 「彼は英語を話している」

      He was speaking English. 「彼は英語を話していました」

 

 過去進行形は「be動詞の過去形+Ving」で「~していました」という意味になります。be動詞は主語によって「was、were」に変わります。

 

解説5 否定文と疑問文

 

ex.He was speaking English.  →   He was not speaking English.

              「彼は英語を話していませんでした」

 

               →  Was he speaking English?

             「彼は英語を話していませんでしたか?」

 

              → Yes, he is / No , he is not

       「はい、していました/いいえ、していませんでした」

 

   進行形の否定文も疑問文もbe動詞のときを同じです。否定文のときは、be動詞の後ろに「not」を置きます。疑問文のときは、be動詞を前に持ってきて、「?」を文末におきます。

 

覚えるポイント 

 1、現在進行形と過去進行形の作り方を覚える

 

 2、現在進行形と過去進行形の否定文と疑問文の作り方を覚える

 

 3、Vingの作り方を覚える