【ワンポイント英文法】分詞の入門

文法の解説。大学受験、英検、TOEIC、大人の学び直しなどに。

 

f:id:nicochan0923:20210428202554p:plain

 

解説1 日本語

 ex. 走っている少年 → (走っている)少年

  壊れた自転車 → (壊れた)自転車

 

 まずは、日本語から見ていく。例文の「走っている少年」というのは「走っている」が「少年」を修飾しているのがわかる。名詞を修飾できるのは形容詞だけであり、つまり、「走っている」は形容詞なのです。「壊れた自転車」も同じように考えることができますね。このように動詞に形容詞の役割を追加できるのが分詞なのです。これを英語で見ていきましょう。

 

解説2 前置修飾

 ex. The running boy → (The running) boy

   The broken bike → (The broken) bike

 

 動詞を分詞にするときの注意は「VIng」か「Vpp」のどちらかにします。これは、修飾される名詞との関係性で決まります。「能動」か「受動」かです。

 

 つまり、修飾される名詞が動作をするのかされるのかで決まります。「能動」のときは、「VIng」にします。「受動」のときは、「Vpp」にします。例文を見ると、「走っている」のは、「少年」です。少年が動作をしています。

 

 つまり、能動の関係です。だから「running」にします。修飾される単語に「が」がつくときは「能動」なのです。

 

 逆に「壊れた」は、受動の関係になる。「自転車」と「壊れた」の関係を見ていきます。「自転車」は誰かによって「壊された」のです。

 

 つまり、「自転車」は「壊す」という動作を誰かにされたといえますね。もちろん、「自転車」が「壊す」わけではないので、能動の関係ではありません。

 

 だから、Vppの「broken」になっているわけです。修飾される単語に「を」がつくときは「受動」なのです。

 

 「~している」ときは「Ving」、「~された、~される」ときは「Vpp」でもいいのですが、必ず「能動」か「受動」かを確認してください。

 

解説3 後置修飾

 ex. Look at the boy (running in the park.) 「公園で走っている少年を見て」

  Look at the picture (painted by Tom.) 「トムによって描かれた絵を見て」

 

 基本的に分詞のカタマリが2語以上の時は、修飾される名詞の後ろに付ける。

 

覚えるポイント

 1、分詞の何の品詞の役割になるか

 

 2、VIngとVppにする判断の方法はなにか

 

 3.前にする場合と後ろにする場合の基本的な条件は

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

次のレベルはこちらから。