語順トレーニング33 関係代名詞2

語順がイノチ。

 

英語で大切なのは語順の感覚です。それをトレーニングするための記事になります。トレーニング専用のため、文法の理解は先に他の場所でやってきてからこちらを行ってください。できればノートに書くことをオススメします。

f:id:nicochan0923:20210320151428j:plain

ノート

 

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

☆勉強の方法

 基本的に1ページを半分にして使います。そうすると見開きに4つブロックができますね。

 では、まず一番左に普通の語順の日本語を書きます。1

 次に、その隣に英語の語順にした日本語を自分で考えて、書いていきます。2

 次に、答え合わせをします。間違えたところは赤で直してください。2

 次に、その隣に1をバラバラにした英単語を書いていきます。3

 次に、2で書いたところを隠します。

 次に、1で書いた日本語を参考に2をもう一度考えて、3でバラバラにした

    英単語を整序していきます。4

 次に、答え合わせをします。間違えたところは赤で直してください。

 → 間違えたところは日を改めて復習しましょう。また、出来たところも、瞬間的にできるように何回もタイムアタックで解き直しましょう。

 

  では、トレニーニングをはじめましょう。今回のトレーニングは関係代名詞にフォーカスしています。今回は特別バージョンです。

 

☆1

 例題のように目的語の位置を変えましょう。

 

 私はあの少年を知っています → 私が知っているあの少年

 

 1、私はこの机がほしい

 

 2、私はあの少年が好き

 

 3、私は昨日その本を買った

 

 4、私はこのコインを持っている

 

 5、私は昨日その男に会いました

 

 6、私はその医者を知りません

 

 次の問題からは例題のように主語の位置を変えましょう

 

 あの少年はテニスをすることができる → テニスをすることができるあの少年

 

 1、その友だちは上手に歌う

 

 2、あの女の子は上手に泳ぐことができる

 

 3、その猫は早く走る

 

 4、その女性はピアノを弾いている

 

 5、その写真は机の上にある

 

 6、その男性はテニス選手です

 

 7、その本は英語で書かれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆2 こたえ

目的語

1、私がほしいこの机

 

2、私が好きなあの少年

 

3、私が昨日買ったその本

 

4、私が持っているこのコイン

 

5、私が昨日会ったその男性

 

6、私が知らないその医者

 

色つき

 → は英語の語順になっている

 

1、私がほしいこの机

 →この机(私がほしい)



2、私が好きなあの少年

 →あの少年(私が好きな)



3、私が昨日買ったその本

 →その本(私が昨日買った)



4、私が持っているこのコイン

 →このコイン(私が持っている)



5、私が昨日会ったその男性

 →その男性(私が昨日会った)



6、私が知らないその医者

 →その医者(私が知らない)

 

主語

1、上手に歌うその友だち

 

2、上手に泳ぐことができるあの女の子

 

3、早く走るその猫

 

4、ピアノを弾いている女性

 

5、机の上にあるその写真

 

6、テニス選手であるその男性

 

7、英語で書かれた本

 

色つき

1、上手に歌うその友だち

 →その友だち(上手に歌う)



2、上手に泳ぐことができるあの女の子

→あの女の子(上手に泳ぐことができる)



3、早く走るその猫

 →その猫(早く走る)



4、ピアノを弾いている女性

  →女性(ピアノを弾いている)



5、机の上にあるその写真

  →その写真(机の上にある)



6、テニス選手であるその男性

 →その男性(テニス選手である)

7、英語で書かれた

  →本(英語で書かれた)

 

 

☆3

 例文のように目的語の位置を変えよう。一番前に持っていく。

 

 I know that boy → That boy (who/ that) I know 

 

 このときに、動かした単語の後ろは4種類パターンがある。人ならwho、人以外ならwhich、またはthat、省略もできる。つまり

 

 That boy who I know 

 That boy that I know

    That boy I know 

 

 この3パターンある。では問題をやってみよう

 

1、I want this desk

 

2、I like that boy

 

3、I bought the book yesterday

 

4、I have this coin

 

5、I met the man yesterday

 

6、I don't know the doctor

 

次は例文のように主語の後ろに単語をつけよう。人ならwho、人以外ならwhich、またはthat の3種類。

 

 That boy can play tennis → That boy who can play tennis

           → That boy that can play tennis

 

1、The friend sings well

 

2、That girl can swim well

 

3、The cat runs fast

 

4、The woman is playing the piano

 

5、The picture in on the desk

 

6、The man is tennis player

 

7、The book was written by English

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆4 答え

目的語 ○は省略のマーク

1、This desk (which/that /○) I want

 

 2、That boy (who/that/○) I like

 

 3、The book (which/ that/ ○) I bought yesterday

 

 4、This coin (which/ that / ○) I have

 

 5、The man (who/ that/○) I met yesterday

 

 6、The doctor (who/that/○) I don' know

 

色つき

目的語 ○は省略のマーク

1、This desk (which/that /○) I want



2、That boy (who/that/○) I like







3、The book (which/ that/ ○) I bought yesterday





4、This coin (which/ that / ○) I have





5、The man (who/ that/○) I met yesterday



6、The doctor (who/that/○) I don' know

 

主語

 1、The friend (who/that) sings well

 

 2、That girl (who/that) can swim well

 

 3、The cat (which / that) runs fast

 

 4、The woman (who / that) is playing the piano

 

 5、The picture (which/ that) is on the desk

 

 6、The man (who/ that) is tennis player

 

 7、The book (which/ that) was written  by English

 

色つき

主語

 1、The friend (who/that) sings well

 

 2、That girl (who/that) can swim well

 

 3、The cat (which / that) runs fast

 

 4、The woman (who / that) is playing the piano





 5、The picture (which/ that) is on the desk

 



 6、The man (who/ that) is tennis player

 

 7、The book (which/ that) was written  by English