【ワンポイント英文法】be動詞

文法の解説。大学受験、英検、TOEIC、大人の学び直しなどに。

 

f:id:nicochan0923:20210428202554p:plain

 

解説1 意味

 ex. I am in Tokyo. 「私は東京にいます」

   I am happy. 「私は幸せです」

 

 be動詞は「~です」、「~います」と訳されますが、核となる意味は、「存在」です。そこから派生して場所より抽象的な「状態」という意味になります。

 

解説2 存在

 

ex.To be , or not to be. That is the question. -シェイクスピア(ハムレット)-

 「生きるべきか、死ぬべきか。それが問題だ」

 

  I think , therefore I am -デカルト- 「我思う、故に我あり」

 

  

        これらの名言はbe動詞が「存在する」という意味だと理解しやすい。あと、There is構文がなぜ「~がある」という訳になるかは、be動詞がもともと「存在」するという意味だからです。「存在」の意味になるときは場所を表す言葉がきます。

 

解説3 状態

  ex.He is kind.  「彼は親切だ」

   He is running. 「彼は走っている」

 

 後ろに場所を表す言葉がこないときは、基本的に「状態」の意味になります。

 

 例文は「彼は親切な状態です」ということです。進行形も一応、状態と考えることができます。現在分詞は「動作の最中」という意味なので、「彼は走っている最中の状態です」と考えることができる。しかし、後ろに目的語をとることもあるので少し無理がある気もします。考え方の一種だと思ってください。 

 

解説4 getを使った受動態

 ex.He was angry 「彼は怒っていた」

   He got angry 「彼は怒った」

 

 受動態でbe動詞がgetと書き換えられることがあるが、それはどういうことか。

  

 例文のbe動詞は後ろに場所が来ていないので、「状態」を意味します。つまり、彼は「怒っている状態だった」のです。ある程度、怒った状態が続いていたということになります。

 

 一方、getには「動きを伴って、何かを得る」をいう意味です。そこから、「自分がそのような状態を得て、変化する」という「変化」の意味にもなります。そのため、下の例文では、「(怒っていなかったのが怒った)」という動作の意味になります。では、受動態の場合を考えてみましょう。

 

 

  ex.The store is closed at five o'clock every day

   The store is closed until five o'clock

 

 この二つはどういう意味になるでしょうか。上の文が、「その店は、毎日5時に閉められている」という動作の意味になり、下の文は、「その店は5時まで閉められている」という状態の意味になります。

 

    まず、「be+Vpp」の受動態は、①動作「~される」と②状態「~されている」の2種類を表して、文脈によって、使い分けます。

 

    このように2種類の意味を持つのは、過去分詞の動詞(過去の行為)と形容詞(完了の状態)のどちらのニュアンスが強いかが影響しているためです。

 

   もう少し詳しく話すと、過去分詞は、①動作を受けた側から考えると「~された」という過去の行為、②動作をした側から考えると「~し終えた」という完了の状態の2つの側面があるからです。

 

  だから、動詞のニュアンスが強ければ、「~される」となり、形容詞のニュアンスが強ければ「~された状態である」となるわけです。

  

    そして、このbe動詞の部分は動作という意味を強調したいときに「get」などの動詞を使うということです。他にも「become、grow」が使われます。また、状態の意味にしたい時は、「lie、remain」が使わることもあります。

 

  ex.Tom got dressed quickly 「Tomはすばやく服を着た」

 

     The day became known as April Fool's Day.

    「その日はエイプリルフールとして知られるようになった」

 

    Please remain seated until the bus stops

    「バスが止まるまで座ったままでいて下さい」

 

 一般にはbecomeよりgetがよく使われます。getは一瞬の出来事に使われ、becomeは次第に変化して長く続く状態になる場合に使われます。

 

 

覚えるポイント

 1、be動詞の意味

 

 2、beがgetになる場合