【ワンポイント英文法】三単現のS

文法の解説。大学受験、英検、TOEIC、大人の学び直しなどに。

 

f:id:nicochan0923:20210428202554p:plain

 

解説1

 三単現とは、三人称、単数、現在形の略です。三単現のSとは、その三単現のときに動詞にSをつけましょうというものです。もう少し詳しくすると、主語が三人称、単数で、動詞の部分が現在形のときに動詞にSがつくよということです。

 

解説2

 まず、人称の話をしましょう。

 

 一人称とは、話し手のこと。つまり「I」「we」のことです。

 

 ニ人称とは、聞き手のこと。つまり「you」のことです。

 

 三人称とは、話し手、聞き手以外のことです。一人称、二人称以外のことです。つまり、「I」「we」「you」以外のことです。

 

解説3

 単数とは、1人、1つとかのことです。2人、2つ以上は複数になります。

 現在形←現在形については別記事で。

解説4 付け方

f:id:nicochan0923:20210514101350j:plain

 Sは動詞によって、付け方が変わります。基本的にはそのまま原形にSをつけます。しかし、動詞が「-s、-x、-ch、-sh、(子音+o)」で終わる場合には、esになります。また、動詞が「子音+y」で終わる動詞は、yをiに変えて、esをつけます。

 

 have → has のように不規則に変化するものもあります。これは覚えるしかありません。

 

解説5 読み方

f:id:nicochan0923:20210514101433j:plain

  

 読み方にはルールがあります。(カッコ)に書いてあるものは、発音記号です。

 有声音とは、声を出すとき喉が震える音のことです。無声音は声を出すとき喉が震えない音のことです。

 

解説6

 では実際にSをつけてみましょう。

 

  ☆「I」like apples. → I 「like」 apples.

 

  「I」は一人称なので、三単現の三の部分のルールに当てはまりません。

 

  ☆「He」like apples. → He 「likes」apples.

 

    「He」は三人称で、単数。時制は現在形。ルールに当てはまるので、sをつけます

 

  ☆「They」like apples. → They 「like」apples. 

 

  「They」は三人称ですが、複数ですので、三単現の単の部分のルールに当てはまりません。

 

  ☆「Tom」like apples. → Tom 「likes」apples. 

 

  「Tom」は三人称で、単数。時制は現在形。ルールに当てはまるので、sをつけます。

 

  ☆「My brother」like apples. → My brother 「likes」apples. 

 

  「My brother」は三人称で、単数。時制は現在形。ルールに当てはまるので、sをつけます。

 

  ☆「My sisters」like apples → My sisters 「like」apples. 

 

  「My sisteers」は三人称ですが、複数ですので、三単現の単の部分のルールに当てはまりません。

 

  ☆「Tom and Ann」like apples.  → Tom and Ann 「like」apples.

 

  「Tom and Ann」は三人称ですが、複数ですので、三単現の単の部分のルールに当てはまりません。

 

  ☆ Tom 「liked」 apples. → Tom 「liked」apples.

 

  「Tom」は三人称ですが、時制は過去形なので、三単現の現の部分のルールに当てはまりません。

 

解説7 応用

 ex. Playing tennis is a lot of fun. 「テニスをすることはとても楽しい」

 

 動名詞は三人称扱いをする

 

 ex. To learn English is interesting. 「英語を学ぶことは楽しいです」

 

 to不定詞も三人称扱い

 

 ex. I have a friend who lives in Tokyo. 「私には東京に住んでいる友達がいる」

 

 関係詞の主格の場合は、S付けるのを忘れがち。a friendは三人称、単数、liveは現在形のため、sを付ける。

 

 ex. What he said is right. 「彼が言ったことは正しい」

 

  wh節は基本的に単数扱いをするが、もとの形によっては複数にする

 

覚えるポイント

 1、ルールを覚えて、実際にできるようにする

 

 2、Sの付け方を覚える

 

 3、読み方を覚える

 

実際に出たポイント

1、S(Sの修飾語)Vという形の文で、Sが単数の場合に、現在形ならVにsが必要。