【参考書】世界一わかりやすい英語の発音の授業

参考書発音の最初の1冊目。

 

 

 

 

雑感

 最近は、英語の勉強で音読が叫ばれているため、音読をする人は多い。でも自己流になっている人が多い印象。それでは効果がとても薄い。また、ネイティブのように発音すればいいんだよと教わることも多いが、それができないから困っているのではないだろうか。そんな人はまず、発音の押さえてほしいルールというものがある。それを知って練習するからこそ、できるようになるし、音読も生きてくるのだ。

 

 音読やリスニングをする前には必ず発音の練習をしてほしい。その1冊目に最適なのは、この本でしょう。数時間で読めるくらいの内容になっているが、押さえてほしいところをきちんと押さえている。音声があるのでそれを聞いて実際に発音してみよう。

 

 リスニングで聞こえないのは発音のルールを知っていないためです。日本語と違い、文字通りに発音していません。そこに気付けるとリスニングの力が上がります。

 

    受験生はこの1冊だけであとは実践でやっていきましょう。ただリズムに関しても知っておいたほうがいいので、youtubeで検索するといいでしょう。

 

  実際にリスニングの教材を通して音読することで磨かれていきます。リスニングが必要な人は、今のところプラチナルールと過去問、実践模試をやっていくと良いですね。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 

 もっと発音と鍛えたい人は次のステップに進みましょう。

  世界一わかりやすい英語の発音の授業で習ったことを練習するには、こちらがオススメでしょう。まさに修行という感じの本で好き嫌いが分かれますね。これの次は、

 

  こちらでリズムと喉の使い方をやると効果的です。

 

また、発音に関していうとyoutubeで多くの人が授業を行っているのでそちらもオススメです。多くの動画があるので毎日の習慣にしやすいと思います。

 

 発音は常に磨き続けることで必ずうまくなります。うまくなると英語がもっと楽しくなります。がんばってみてください。