【参考書】世界一覚えやすい中学の英単語

改訂版。

 

 

 

 

 最近の教育改革で覚えなければならない単語がかなり増えます。小学校では600~700個、中学では1200から1600~1800個覚えなければならないようになりました。本当に英語ができないとすぐにおいて行かれる感じになりましたね。その新課程に対応するために改訂したのがこちらの単語帳になります。

良いところ

 かなり網羅されている。2021年の新課程に対応している。

 

 並び順は、簡単→難しいまで並んでいるのでやりやすい。

 

 カタカナ発音が載っている。もちろん発音記号を読めるようになってほしいですが、それだと挫折してしまう人もいるのでこれはうれしいですね。

 

 和訳は意味が厳選されている。いきなりすべては覚えられないので、そこに対応して大事な意味がメインで載っている

 

 例文も付いていて良い。全部読めるようにしてほしいし、音読もしてほしい。

 

 単語には、すべてに解説がついているし、熟語やセットで覚えてほしいものなど大切な情報が1冊にたくさん詰まっている。隅から隅まで読むとかなりの英語力がつくと思う。アメリカ英語、イギリス英語なども載っている。

 

 音声や赤シートがあるので覚えやすい。しかし例文に音声がないのに注意。

 

使い方

 覚えるときは、もちろんカタカナで発音が書かれていますが、ちゃんと音声を聞いてください。リスニング対策にもなりますので。

 

 使い方は、「この本の使い方」というページに載っている通りにするのが良い。ここに書いてある通り、最初が大切です。すぐに1冊終わらせてしまうのがほんとうに大切だと思います。

 

 よく考えてみましょう。本を買ったときはモチベーションが高いですが、どんどんやる気がなくなっていきます。1800個なので、1日10個だと考えると180日もモチベーションが続くでしょうか。きっと続かないだろうし、180日終わって最初にやった単語は覚えているでしょうか。きっと覚えてないでしょう。なので参考書は買ったらすぐにやりましょう。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 終わった後は是非とも例文を音読してほしいですね。たくさん音読することで、自動化される例文が増えていき、英語がもっと早く読めるようになりますよ。

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 1つの単語ごとに解説が書いてあるのはこのような参考書もありますね。