【参考書】1億人の英会話

「日本人はなぜ英語が話せないのか」に対する、私の解答です。

 

 

 

 

雑感

 出た当時、内容はいいなと思っていたのですが、必要なかったので買っていませんでした。でも最近買って全部読みました。やっぱりいい。

 

  こちらの姉妹版ですね。

 

 英文法には、並べ方のルールと意味を豊かにするものの2種類あると私も思っています。そのうちの並べ方のルールにフォーカスしたのが、この本になります。ルールかつだいたいの種類が載っているのがこの本ですね。

 

 最近買ったのには理由がありまして、これ解釈書で使えるんじゃないかなと思ったのです。解釈で大事なうちの1つは語順の句と節の感覚を身に付けること。これを結構わかりやすく身につけさせてくれるのではないかと。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 肘井先生の参考書をだいたいは解釈書の1冊目にやる人が多いですけど、個人的に少し不十分だなとずっと思っていました。もちろんできる人はできるけど、使いこなせない人が多いだろうなと。

 

 それを解消してくれるんじゃないかなと思って買ってみた次第です。

 

 読んでみた結果は、うーん。カンペキにマッチしているとは言わないけど、あるとよりいいかなって感じでした。どこがカンペキじゃないかというと、大西先生の独特の文法体系と肘井先生の一般的な文法体系が微妙に一致していないところですかね。ここさえなくなれば完璧にマッチしているなと思いました。でも、個人的には肘井先生の前に大西先生の1億人の英会話をやってほしいなと思います。

 

 1億人の英会話は解釈書じゃないし、英会話の本だからしょうがないですね!

 

 英会話の本としてもちゃんとしてていいなと思いました。ちょっと英会話としては難しいと思うかもしれませんが、暗唱すると効果がありますと思います。単語を覚えて、形がそろったら、だいたいの内容な伝えることはできるので、その点いいなと思いました。

 

 個人的に2つをまとめたらもっと良い参考書になるんじゃないかなと思いますね。作りたい。

使い方

 ここでは解釈書としての使い方を説明しますね。普通の使い方は本書に載っている通りにしてください。

 

 まずは英文法の理解書を1冊読んでだいたい理解してください。その後にこの本をやります。やる前に、品詞と文の要素の知識があるとより良いかもしれません。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 まずは、例文と解説の箇所だけを全部読んでいきます。なぜこういう語順になるのかを考えながら読んでください。say it out loudの部分は飛ばしましょう。すぐに終わると思います。1、2日で読み終わると思います。その後は、例文を5×6日で30回音読します。これで一旦終わります。

 

 ここで、肘井先生の読解のための英文法を進めていきます。たぶんなぜそのような語順になっているのかが理解できると思います。

 

 同時並行で1億人の英会話に戻ります。say it out loudの部分を読んでいってください。単語は少し難しいものもありますが、頑張りましょう。1億人の英文法のエッセンスが詰まっていますので今後役に立っていきます。

 

文法体系

 大西先生の文法体系を一般の文法体系に戻していきます。

 

 他動型 → SVO

 

 自動型 → SV

 

 説明型 → SVC

 

 授与型 → SVO1O2 

 

 目的語説明型 → SVOC

 

 リポート文 → Oが節になっているもの

 

 説明型+Ing → 進行形。ここでは、VIngの部分をCと取っています。

 

 説明型+過去分詞 → 受動態。ここでは、Vppの部分をCと取っています。

 

 説明型+to不定詞 → be to構文

 

 動詞句の説明 to不定詞で説明する → to不定詞の副詞的用法

 

 動詞句の説明 Ing形で説明する → 分詞構文とイディオムとか構文とか

 

後にやりたいもの

1億人の英会話が終わって、読解のための英文法が終わったら、

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 この2つの記事をやってください。この解釈の技術を前から読むための知識に変えるために必要なことを書きました。

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 解釈のやり方がある程度わかったら、この本で実践練習をしてみましょう。