【参考書】Vintage

vintageになる。

 

 

 

 

雑感

 文法の網羅系の演習書。いわゆる4択問題集。受験生であれば1冊はやってほしいところ。正直中身は似通っている。学校で配られたものをやればよいかなと思っている。next stageよりはいいかなと個人的には思ってる。

 

 vintageは四択問題以外に並べ替え問題がある。

 

 解説はうーん。一通り英文法を勉強していれば大丈夫。わからないところは先生に聞くか、総合英語を読みましょう。総合英語は読んでない人が多いけど、あれがすべてといった感じです。

 

 

使い方

 まず、1冊英文法の理解書をやりましょう。vintageは演習書なので、理解するためのものではありません。

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 

nicochan0923.hatenablog.com

 こういったタイプのもので1通りやりましょう。映像授業でも、学校の授業でも大丈夫です。

 

 仕上げていくのは、文法と語法です。まずはここを固めていきます。実際に問題を解いていきます。語法はよく出ますよ。入試の2割くらいは語法の問題です。なので語法を飛ばすなんてしてはいけません。

 

 根拠を持ってできたのはマル。曖昧だったのは△。ダメだったのは×で問題を解いていきます。できれば、1日にやる量は章単位がいいです。でも章によって多い少ないがあるのでそこは調節しましょう。

 

 問題を復習するときに大事なのは、なぜその選択肢を選ぶことができるのかをハッキリさせることです。ここが曖昧だと同じ問題を解いても再び解くことはできません。ヒントはどこになるのが、どういった着眼点が必要か、覚えるべきことはなにかをしっかりと意識して復習します。

 

 4択の場合は、ほかの選択肢がなぜダメかも判断しましょう。問題を解くときに迷うのは、正解っぽい選択肢が2つあって切れないパターンです。つまり、選択肢を切る練習も大事になのです。そのため、ほかの選択肢がダメな理由も考えてください。

 

 しっかりと演習していけば、3周で定着していきます。その後はまだ覚えていない箇所だけをやったり、ランダムでやったり、忘れないように復習していきましょう。

 

 ある程度仕上がった段階で、ランダム問題集に移ります。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 

 vintageなどは単元別になっているのでそれがヒントになってしまいます。実際問題を解くときは、まず単元はどれかを判別するところから始めないといけません。そのためには、ランダム問題集が必要です。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 弱い箇所がある場合は、ドリルもあるのでこういったもので補強すると良いでしょう。

 

 これが終われば、あとは過去問だけでいいでしょう。また試験から1~2ヶ月前になったら、センター試験の文法問題を全部やってみてください。センター試験の問題は良い問題なので毎年どこかで同じような感じの問題が必ず出ます。ですのでやっておくのをオススメします。

 

 その後は、ボキャブラリーをやってください。単語力は大事です。このころには単語帳も仕上がっているころだと思うので追加でやりましょう。

 

 人によっては会話表現もやりましょう。大学に会話問題が出ていて、かつその問題が表現をしらないと解けない場合にやります。

 

 イディオムはイディオムの参考書で別途でやってください。その確認としてvintageの問題を使うのはアリです。

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

 

高レベル文法

 レベルが高い文法は特定の大学学部以外は必要ありません。でも必要な場合は、それに準ずる問題をしないといけません。

 

 

 

 

 

 

 このあたりがレベルが高いものになります。まあほとんどの場合必要がないので、無理にするより標準な問題を落とさないように基礎を固めてください。

 

分厚いものが嫌い

 

nicochan0923.hatenablog.com

 

nicochan0923.hatenablog.com

nicochan0923.hatenablog.com

 

基本的にはオススメしていませんが、厳選されているものをやるのもいいと思います。非受験学年の場合はこっちのほうがいいかもしれませんね。スモールステップで進めていけるので。

 

同じような参考書