一気に覚える完了進行形、完了と進行の受動態。ついでに、to不定詞、動名詞もね。

一気に覚えるで。

最初に言っておくと、ルールとか覚えずに、個別に覚えられるならそれでいいです。be being Vppで「~されているところです」進行形の受動態って覚えられるならそれでいいのです。

 

もし忘れそうなら、ルールを覚えておくと組み立てることができます。

あと、現在形、過去形、現在進行形、過去進行形、未来進行形、現在完了形、過去完了形、未来完了形は普通に覚えてください。

 

ルール1

意味がある助動詞+意味がない助動詞+完了+進行+受動態

 

この形で並んでいく。今回は、意味がある助動詞は、willを使います。

 

ルール2

意味がない助動詞とはbeとhaveのこと。beは進行形に、haveは完了形にするときに使う。現在、過去など形は変わる

 

ルール3

名前に完了形があるなら、haveを使う。進行形だけなら、beを使う。両方あるなら、完了形を使う。

 

ルール4

完了形はbeenを使う。進行形はbeingを使う。これらは最後に来ないときに使う。

 

ルール5

ルール4で最後にbeenが来たら、Vppに。最後にbeingが来たらVingにする。

 

この基本的なルールを使えるようにしたら忘れません。

 

ルール6

受動態の文字があれば、最後にVppにする

 

具体例

今の話をまとめると、

意味がある助動詞

意味がない助動詞 = be or have

完了 = been

進行 = being

受動態 = Vpp

 これらの単語を取るか取らないかを判断していけばよいわけです。

 

現在完了進行形

完了と進行の文字があるのでhaveです。現在なのでhaveかhasです。

完了が入っているのでbeenです。

進行形が入っているのでbeingです。この後ろに何もないので、beingはVingになります。

 

have / has been Vingです。

 

過去完了進行形

完了と進行の文字があるのでhaveです。過去なのでhadです。

完了が入っているのでbeenです。

進行形が入っているのでbeingです。この後ろに何もないので、beingはVingになります。

 

had been Vingです。

 

未来完了進行形

未来はwillです。

完了と進行の文字があるのでhaveです。助動詞の後ろなのでhaveです。

完了が入っているのでbeenです。

進行形が入っているのでbeingです。この後ろに何もないので、beingはVingになります。

 

will have been Ving

 

現在進行形の受動態

進行形しかないのでbeをつけます。現在なので、am / is / areのどれかです。

進行形なのでbeingが来ます

受動態なのでVppを置きます。

 

am / is / are being Vpp

 

過去進行形の受動態

進行形しかないのでbeをつけます。過去なので、was / wereのどれかです。

進行形なのでbeingが来ます

受動態なのでVppを置きます。

 

was / were being Vpp

 

未来進行形の受動態

未来なのでwillをつけます。

進行形しかないのでbeをつけます。助動詞の後ろなのでbeです。

進行形なのでbeingが来ます

受動態なのでVppを置きます。

 

will be being Vpp

 

現在完了の受動態

完了なのでhaveをつけます。現在なので、hasかhaveです。

完了があるのでbeenをつけます。

受動態なのでVppをつけます。

 

has / have been Vpp

 

過去完了の受動態

完了なのでhaveをつけます。過去なので、hadです。

完了があるのでbeenをつけます。

受動態なのでVppをつけます。

 

had been Vpp

 

未来完了の受動態

未来なのでwillをつけます。

完了なのでhaveをつけます。助動詞の後ろなので、haveです。

完了があるのでbeenをつけます。

受動態なのでVppをつけます。

 

will have been Vpp

 

追加

ちなみに 現在完了進行形の受動態。これももうできますね。

完了と進行があるのでhaveをつけます。現在なので、haveかhasです。

完了があるのでbeenです。

進行があるので、beingです。

受動態があるのでVppです。

 

have / has been being Vpp

 

助動詞+完了形もできますね。

意味のある助動詞たとえば、mustやshouldなど

完了なのでhaveです。助動詞の後ろなのでhaveです。

完了なので、beenです。しかし、最後に来たので、Vppに直します。

 

must have Vppです。これは普通に覚えてください。

 

最後に長いものをしましょう。未来完了進行形の受動態です。

未来があるので、willです。

完了と進行形があるので、haveです。助動詞の後ろなので、haveです。

完了なので、beenをつけます。

進行形なので、beingをつけます。

受動態なので、Vppをつけます。

 

will have been being Vppです。

 

関係ないけど追加

to不定詞系は、まずは基本を作ってから、toを足すだけです。

 

to不定詞の進行形

まず進行形を作ります。be Vingです。

to不定詞を付けて、to be Vingです。

 

to不定詞の受動態

まず受動態を作ります。be Vppです。

to不定詞を付けて、to be Vppです。

 

to不定詞の完了形

まずは完了形を作ります。have Vppです。

to不定詞を付けて、to have Vppです。

 

次は、動名詞です。

動名詞もto不定詞と感覚は同じです。基本を作って、最初をVingにします。

 

動名詞の受動態

まず、受動態を作ります。be Vppです。

最初をVIngにします。being Vppです。

 

動名詞の完了形

まず、完了形を作ります。have Vppです。

最初をVingにします。having Vppです。