英語の力が伸びない習慣 連想ゲーム

勉強しているのに英語が伸びない人には、こういう習慣を持っている人がいる。

 

f:id:nicochan0923:20210407120027p:plain

 

 英語の勉強をしているのに伸びない人がある。その中でなかなか気付けないことを1つ。ほんとたちが悪い習慣。

 

 それは、英文を読んでいるときに連想ゲームをしている人がいることだ。

 

 どういうことかというと、単語と少しの文法でなんとなく読んでいるのである。単語を見て、自分で勝手なストーリーを作って、それが合っていればマルだし、間違っていれば、バツ。こんな連想ゲームをしているのである。

 

 中高一貫校の生徒で地頭がある人や国語の力がある人は陥りやすいものである。あと、英検は解けるのに、受験の問題になるとできない人もこの可能性がある。

 

 国語の力があると、単語だけである程度のストーリーがわかってしまうのだ。そのため、連想ゲームの正答率が高い。また、英検もライティングはあるが単語ゲーのところがある。単語を知っていれば、解ける問題はとても多い。しかし、実際には英文を読む力は付いていないのだ。ぱっと見出来るように見えるので、なかなか気付けない時限爆弾になりやすい。ほんとコワい。

 

 なまじ英文が読めてる感覚になっているのがヒドい。しかも、それで点数が出てしまってるのはもっとヒドい。こういう人は、次第に英文が読めなくなっていく。単語や文法をやっても、いややった気になっても解決しないのである。

 

 これは勉強の量というより、質。というより、習慣の問題だ。英文を読むときに、丁寧に精読しているかが問題になる。もちろん、昨今は速読重視の問題が多いが、きちんと文章が読めないのに速読ができるはずがない。それこそ、連想ゲームだ。

 

 まずは、1文1文丁寧に訳す習慣をつけるのが大切。習慣を変えるので時間はかかると思うが、リターンは大きいと思う。

 

 精読には文法が必要なので、文法も一緒にやると良い。そのときは、総合英語の例文を一通り訳すのがオススメ。だいたい400~500例文くらいで一通りの文法を確認できるので。わからないところは、その解説を読めばいいわけね、解説もわかりやすいし。総合英語を通読する人は少ないと思うけど、隅々まで読むと力が付く。というより、気付かないといけない目が養われる。その後は、精読系の参考書で2~3行の文で練習するとよい。

 

 その後、速読や多読に進むのが良い流れだと個人的に思う。

 

 とにかく、英文を読むときに連想ゲームをしない習慣をつけてほしいと思う。